毒親育ちの方の中には、
「自分が毒親育ちだ」ということを
大人になってから気づく方も多くいます。

僕もそのうちの一人です。

 

僕は2018年現在で、
年齢は30代半ばです。

小学校から中学校時代に
「うちの親は変」だと思っていましたが、
毒親という存在を知ったのは大人になってからです。

 

僕が中学生だった頃は
毒親という言葉もありませんでした。

「毒親」という言葉の存在を知ったのは
20代半ばごろだったと思います。

親に対して恨みが激しく、
何事も生きづらい人生でしたが
「毒親」という言葉に出会うまでは
「なぜ不調なのか?」もわかりませんでした。

 

大人になって毒親という言葉に出会い、
そこから無我夢中で勉強しました。

毒親から抜け出すための方法や、
毒親の猛毒を解毒する方法、
自分で暮らしていくための手段など、
多くのことを学び、実践してきました。

 

最初は毒親をどうにか改善したい、
毒親との関係性を修復したい、
といろいろと頑張ってきました。

でも、僕が頑張っても頑張っても、
ゴールが見えるどころか
すべて反撃されておしまいでした。

 

結果的に、現在では、
毒親とも関係性が切れて
無関係な状態になっています。

「人生ってこんなに楽に生きれるんだ」

「人生ってこんなに楽しいんだ」

そう思いながら生きることができています。

 

毒親と無関係になるのはもちろんのこと、
毒親から受けた毒のケアを
徹底的に行うようにもしました。

毒のケアを行わなければ、
おそらく生きづらいままだと思います。

毒親から抜け出して、
毒をしっかりと解毒して
新しい人生を再構築するという
3ステップが必要になってきます。

 

大人になって「毒親育ちだ」と気づいた場合、
毒親から受けているダメージが
慢性的になっているケースが多いです。

毒親だと気づく時期が遅ければ遅いほど、
その分、ダメージを受け続けている状態なので、
毒が全身に浸透してしまっています。

抜け出すことも重要ですが、
毒を解毒することも非常に重要になります。