毒親育ちの方の中には、
毒親のことを怖いと
感じ続けている方もいると思います。

毒親のもとで暮らしている方はもちろん、
毒親から抜け出した方の中にも
いまだに怖いと感じる方もいると思います。

 

まず、毒親のことを「怖い」と感じている時点で、
毒親の毒が体内に残されている状態です。

毒親と同居中の方は、
毎日のように毒を浴び続けますから
毎日のように怖がってしまうのは当然かと思います。

でも、せっかく毒親から抜け出したのに
毒親の毒が抜けないままでいると、
いつまでも【怖い】と思わされるようになります。

 

解毒していくためのファーストステップは、
「親の何が怖いのか?」を客観視することです。

親のどの部分が怖いのか?

親のどんな行動や、
どんな感情・気持ちの部分に
恐怖を感じるのか?

ここを客観視する必要があります。

 

なかなかエネルギーが必要な部分なので、
耐えきれそうにない方、フラッシュバックが強い方は
実践する必要はありません。

 

何かされたことが怖いのか?

親子という「言葉」に縛られているのか?

金銭面で不安があって怖いのか?

暴言を吐かれ続けることが怖いのか?

毒親と一緒にいることで
将来に不安を感じることが怖いのか?

毒親から抜け出すことができるか、
わからなくて怖いのか?

 

いろいろな怖さがあると思うんです。

「毒親=怖い」という言葉の中に、
多くの恐怖があって感情があって、
それぞれ異なる感じ方をしているはずです。

年齢や性別によっても異なるでしょうし、
生活環境によっても異なると思います。

 

記憶のこびりつきによる怖さであれば、
記憶のケアをするようなヒーリングや
カウンセリングなどが必要かもしれません。

経済面の不安で怖いのであれば、
経済面を改善する勉強を
少しずつ始めるのが良いかもしれません。

将来に不安を感じるのであれば、
毒親から脱却した人を
成功のモデルケースにして、
徹底的に情報を調べるのも良いと思います。

 

原因があって、
結果が出ます。

人それぞれの「原因」があって、
怖さを感じる「結果」が導き出されています。

同じ「毒親」という原因だとしても、
人それぞれ「何が原因で怖いのか?」
という部分は異なります。

 

緊急性の高い人は今すぐ逃げる必要がありますが、
慢性的な毒親タイプの方ほど
「どの部分に恐怖を感じるのか?」という
客観視する部分は重要になると思います。

最初は難しいと思いますが、
客観視すればするほど
毒親というものは弱い存在に感じます。

弱い存在を相手に動き出せるので、
スムーズに行動をしやすくなります。

「何が怖いのか」を
紙やスマホに書き出してみて、
客観視してみてください。

それだけでも毒親問題を解決する
大きな一歩になると思います。