毒親は依存心が強く、
子供に対して過度に依存することがあります。

 

僕は中学生から仕事をしているので、
中学生の頃から親に
金銭面で依存され続けてきました。

数百万どころではなく、
数千万円単位で
依存されたと思います。

 

小学生の頃ですら、
内職で月に3万円前後を稼ぎ
それをすべて親に渡していました。

「育ててやってるんだから感謝しろ」
という感謝の強要は日々ありましたが、
感謝されることは一度もありませんでした。

友達と遊ぶ時間も少なく、
家の中でもくもくと
内職をやり続けていました。

タバコをパック詰めするものや、
何かの部品を組み立てるものなど
黙々とやり続けていたのを覚えています。

 

「産んでやった」という言葉を
若い頃は鵜呑みにしてしまって、
「親は偉いもの」だと思い込まされていました。

また「なんとか親を楽にさせてあげたい」と
思い込まされていたのも事実です。

 

僕が稼げば稼ぐほど、
お金を渡せば渡すほど、
親の依存心は強くなりました。

月5万円ほど渡していたものが、
7万円、10万円、30万円と上がっていきました。

渡すだけではなく、
車のローンや家賃まで
僕が支払うはめになりました。

 

お金を渡しているのに、
それ以上に支払わされる形です。

多い月だと50万くらいだったと思います。

今考えれば馬鹿だと思います。

 

依存心に関して、
とても興味深い経験をしたので
ここで共有させていただきたいと思います。

 

僕は自分でビジネスを立ち上げて、
経済的には少し余裕があったので
上記のようにお金を手渡していました。

さすがに数十万円を請求された頃は、
明らかにおかしいと感じていたので
実母に次のように質問しました。

「もし自分がサラリーマンで、
給料制で手渡すお金が少なかったら
どうやって生活していたの??」

 

実母は、こう答えました。

「すべてあんたに支払ってもらう」

 

このとき、僕は初めて
自分がただの金づるだったことに気づきました。

 

日本の文化の中には

・年上を敬いなさい

・親を敬いなさい

・親孝行は素晴らしいこと

という文化が長いこと根付いています。

この文化自体は良いことだと思いますが、
毒親はこうした文化・風習を
うまく活用して僕たちをコントロールします。

若い頃の僕のように、
馬鹿みたいに金づるにされないよう、
くれぐれもご注意ください。

毒親からはさっさと逃げ出して、
毒親と無関係になってくださいね。