毒親の中には、
借金まみれになっていて、
その借金を子供に押し付けてくる
悪質なタイプの生き物も存在しています。

僕の実母が、
まさにこのタイプでした。

 

僕は母子家庭に育ち
子供の頃から貧乏でしたが、
学生時代に一念発起してビジネスを起こしました。

ネットビジネスを起こしたのですが、
そのころにお金の無心が
激しかったのを覚えています。

毎月5万円からスタートして、
最終的に数十万円まで
無心されるようになってしまいました。

今考えれば、僕自身、無知な男でしたし、
馬鹿な行為をしたと反省しています。

 

「お金をあげれば解決できる」と
思っている方は注意してくださいね。

毒親にお金を与えれば与えるほど、
より多くのお金をむしり取るようになり、
僕たち子供の人生をボロボロにしていきます。

 

毒親の中には、
人格障害・パーソナリティ障害タイプ
の人も多くいます。

こうした人格障害タイプの毒親は、
自分のことだけを考えていて
他の人のことなど微塵にも考えていません。

親のお金は親のもの、
子供のお金は親のもの、
という考え方をしています。

少しでも反抗しようものなら、
恩着せがましく「産んでやった」
「育ててやった恩を忘れたのか!!」と
怒号を浴びせてくる馬鹿が多いですね。

 

実母は、僕に
「借金の保証人」になるよう
持ちかけてきたこともあります。

自分自身が借金を負っていて、
そのお金を返せなくなったころ、
僕に保証人になるよう強く迫ってきました。

子供に借金を背負わせて、
自分はのうのうと生きていきたい、
そんな考え方をしている人種です。

ろくに働くこともせず、
子供のお金に頼り切るような
クズような毒親も多く存在しますね。

 

借金癖のあるような毒親に
お金を貸したり保証人になるのは、
自分の人生を地獄に落とすような行為です。

確実にお金は戻ってきませんし、
借金を返すのは
僕たち子どもたちになってしまいます。

どれだけ恩着せがましく言われても、
どれだけ暴言を吐かれようとも
無視しておいてください。

 

僕たちは、親のために
生きているのではありません。

僕たちは、
僕たちが生きるために
この世に存在しているのです。

 

毒親は、試練でもなんでもありません。

前世とか関係ありません。

輪廻転生とか関係ありません。

 

「神様は乗り越えられる試練しか与えない」
みたいな名言(聖書の一節)がありますが、
これは正確には以下のとおりです。

「あなたがたを耐えられないような
試練に遭わせることはなさらず、
試練と共に、それに耐えられるよう、
逃れる道をも備えていてくださいます。」

いいですか?

逃げることも重要なんです。

 

毒親を試練化するのは間違えで、
ただの悪質な人格障害者が
目の前に来てしまった状態です。

試練は乗り越えるものではなく、
冷静になって逃げるかどうかを
判断することも重要です。