スピリチュアル的には
毒親は「試練」だと言われていますね。

前世で何かがあったからとか、
試練のために僕たちの前にいるとか、
とにかく「乗り越えるためのもの」だと
言われている風潮にあります。

 

でも、僕は、
苦労なんかすることないと思っています。

苦労なんか必要ないと思いますし、
試練なんか必要ないと思います。

乗り越えるために人生が破壊されたり、
乗り越える前に人生が終了してしまう、
そんな毒親育ちが多くいます。

自殺して亡くなってしまう方も
残念ながらいらっしゃいます。

 

もし仮に試練があるとするならば、
僕はさっさと縁を切ることを
試練だと考えたほうが良いと思います。

和解しようとする、
仲良くしようとする。
こんなことは毒親には通じません。

仲良くなったと見せかけて
お金を巻き上げたり
行動を制限することがほとんどです。

 

スピリチュアルの観点では、
いろいろな綺麗事が書かれていますが、
本当に実体験したことなのでしょうか??

毒親と仲良くなった先に
何か良いことでもあったのでしょうか?

僕の周りでは、
毒親と仲良くなったと言っていた方が、
自殺してしまったり精神障害を患って
矯正病院へ収監されてしまった方がいます。

本当に試練を乗り越えれば、
良いことがおこるのでしょうか?

 

僕は、スピリチュアルは好きですし、
世界全般の宗教を学んでいますが、
試練を乗り越えるものではないと思っています。

試練だと思っているものの中には、
さっさと逃げたほうが良い
悪性度の高いものも含まれています。

 

本物の試練と
悪性度の高い偽試練は異なります。

毒親は悪性度の高いものですし、
命の危険性に関わるものですから、
スピリチュアルのことなど考えないで
さっさと逃げたほうが良いと僕は思います。