毒親の中には、
子供から金銭を搾取し続けるタイプの人間がいます。

「搾取子」と呼ばれる状態ですが、
僕は、まさに搾取子として育てられました。

 

僕の家庭は、母一人・子供一人の
母子家庭で育ちました。

 

子供の頃から暴言・暴力を受け続けたと同時に、
金銭面でも日々、暴言を受け続けてきました。

「お金がない」「お金があれば」
「あんたのせいでお金がなくなる」
「あんたがいなければお金が貯まる」

と言い続けられた状態で育ちました。

 

子供ながらに「親を楽にしてあげたい」と、
日々思い続けていましたし、行動もしました。

小学生の頃、内職をやっていました。

タバコ2箱とライターを
一つのパックに詰めていく
内職をコツコツとやっていました。

小学校3年生位から、
中学校に入るまでやっていました。

 

得た収益は、
親に渡していました。

多い月には数万円分、
かなりの数をやり続けました。

当然、お小遣いなんてありません。

それでも「お金がない」と言われ続けました。

 

中学校に入ってからは、
「毒親」という情報は知らなかったものの、
「親が変」ということには気づいていました。

このままいくと、
お金がない貧乏な人の考えが
どんどん頭に刷り込まれると思いました。

「お金がない」と実母が言い続けていたため、
「お金を作ろう」と個人的に思い始めました。

 

だから、祖父にお願いして
パソコンを購入してもらい、
インターネットビジネスを開始しました。

今と違って光回線ではなく、
ISDNよりもっと前の
テレホーダイの時代にオークションからスタートして、
いろいろなことを中学生時代に行なっていました。

このころは、まだ「親に楽をさせてあげたい」
と思っていましたから、出た収益から
月5万円とかを渡していました。

 

これが徐々にエスカレートしてしまい、
毒親から抜け出す頃には
月25万円+家賃+ローンくらい
支払う羽目になりました。

成人していた頃だと思いますが、
当然「お金がない」と言われ続けました。

 

当時の僕は「親子」という幻想に騙されて、
「楽にさせたい」という強迫観念にかわれて、
お金を渡し続けていた部分があります。

「お金を渡せば、親が変わってくれる」
というふうにも思っていましたが、
変わることは一度たりともありませんでした。

当時の僕は、
本当に馬鹿だったと思いますし、
甘い考えだったと思います。

 

毒親は、子供からお金を搾取し続けます。

お金以外にも、
肉体・精神・時間・空間の
いずれをも搾取しようとしてきます。

子供のことを、
金づるにしか思っていません。

子供のことを、
コントロールしやすい
下僕・奴隷のようにしか思っていません。

毒親からはさっさと抜け出して、
幸せに暮らしていくことこそが
奴らにとっての最大の復讐になります。