毒親育ちの方の中には、
母の日や父の日のことで
困っている方もいるかと思います。

僕はきっぱりと会わないようにしていますが、
できるだけ会わないようにしたり、
プレゼントを止めるようにしたほうが良いですよ。

 

母の日の起源は、
アメリカにあります。

アメリカで医療に関わるボランティア団体を
組織していた女性の娘さんが始めた、
「尊敬できる母親のために祝日を設けたい」という
運動がスタートだと言われています。

南北戦争のときに、
あらゆる人に手を差し伸べた
「尊敬できる母親」のために運動がスタートしました。

 

あなたの母親、
尊敬できますか?

今まで受けてきた行為、
言動・習慣などをひっくるめても、
本心から尊敬できますか??

 

母の日は、本心から尊敬できる人、
本心から母親のことを尊敬できる人が
実施するイベントだと僕は思います。

 

さらに注意が必要なのが、
日本では企業がマーケティングしたという事実です。

日本で母の日の文化を根付かせたのは、
森永製菓だと言われています。

企業が文化を根付かせるとき、
そこにはマーケティングが確実に関わります。

 

企業は商品やサービスを
買ってほしいんです。

一つの文化を根付かせることで、
森永製菓の場合だったら
お菓子を買ってもらうことにつながります。

日本で行われるイベントの多くが、
マーケティングによって
大衆を扇動しているようなものです。

洗脳されている状態、
扇動されている状態です。

 

少し調べてみましたが、
母の日の経済活動は
たった1日で1000億円以上のようです。

皆さん、よくお金使いますね。

 

毒親育ちの方ほど、
マーケティングによって仕掛けられた
イベントであることを冷静に見抜いてほしいです。

マーケティングによるイベントがきっかけで、
毒親問題で悩んでしまうのはどうかと思います。

毒親だけではなく、
企業にも縛られている状態です。

 

あくまでも冷静に、冷静に、冷静に。

感情を持ち出すと飲み込まれてしまうので、
冷静になって「本当に必要なイベント?」と
頭で考えて行動してみてください。