僕自身、毒親対策をいろいろと行ってきましたが、
最も効果的だったと思うのが相手を無視することです。

とにかく、実母から存在を消すようにして、
相手からの連絡をすべて無視するようにしました。

 

知識量が浅かった頃は、
住民票の制限をかけていなかったので、
ストーカーのように追いかけてきました。

住民票の制限をしっかりと行なったり、
着信拒否設定を行うようにしたり、
いろいろな対策を行い無視し続けました。

 

最初の頃、親戚から
「お母さんが怒っているよ」
という連絡を受けることもありました。

親戚には、実母が毒親であること、
過去の僕の経験をすべて明かして、
僕の住所等をはぐらかしてもらうようにしました。

 

再び親戚から連絡が来たときは
「お母さんが謝りたがっている」という
連絡をもらいました。

その時点で、僕は毒親に関する勉強を
かなり深いところまで行なっていたので、
「嘘の謝罪」を多くの毒親が行うことを知っていました。

その連絡すらも
無視するようにしました。

 

本当に謝りたいのではなく、
子供をコントロールするために
泣いたり謝ったりする毒親が多くいます。

知識がないと騙されてしまい、
再び、毒親育ち生活に突入するので、
ぜひ覚えておいていただきたいです。

 

謝罪を無視した結果、
再び親戚から連絡が来たときには、
「狂ったように怒っている」という内容でした。

謝罪したいはずの人間が、
狂ったように激怒していたわけです。

親戚にも申し訳なかったので、
親戚にも実母と連絡を取るのを
止めてもらうように勧めておきました。

 

毒親対策には無視することが一番です。

 

その一方で、毒親の知識を知らない方が、
親から無視されたと困り果てるケースもありますね。

子供が喋りかけても無視したり、
お願い事をしても完全に無視するような
悪質な親も存在しています。

子供を無視することで、
子供をコントロールする毒親です。

 

子供に恐怖心や不安感を与えて、
親の権威性を高めるようなテクニックなので、
近づかないほうが良いです。

 

どう考えても毒親ですので、
無視された場合には
無視しかえすのが適切かと思います。

完全に毒親化していると思われるので、
できるだけ親元から離れて
生活を立て直すことをおすすめします。