毒親育ちは、毒親の攻撃によって
無気力になりやすくなると言われています。

毒親から攻撃をされたり、
コントロールされることで
自分自身のエネルギーが使われます。

また、毒親に反発したり
抜け出そうとするときにも
巨大なエネルギーが使われます。

 

目に見えないレベルで
ダメージを受け続けるため、
次第にエネルギーが枯渇してしまいます。

エネルギー切れの状態になり、
完全に無気力の状態になってしまいます。

 

何かをやろうと思っても
気力が出なくなってしまったり、
人生が面白くなくなってしまいます。

自暴自棄になってしまったり、
引きこもりの状態になることもありますね。

 

注意しなければならないのが、
エネルギーが回復してきたときに
自分自身にエネルギーが自分自身に向いてしまうことです。

外側に向かえば反発のエネルギーになりますが、
内側に向かうと、自分を傷つけることにつながります。

僕の友人にもいますが、
リストカットや自傷行為に傾いたり、
最終的に自死を選んでしまったケースもあります。

 

エネルギーをコントロールする方法は、
子ども自身で勉強して
身につけていく必要があります。

 

毒親に復讐する最善の方法は、
毒親から抜け出して幸せに暮らすことです。

毒親から抜け出して、
毒親の猛毒をしっかりとクリアにして、
新しい考え方を自分で再教育する必要があります。

 

反発しようとすればするほど、
話し合いや指摘をしようとすればするほど、
再びエネルギーが使われるようになります。

行動を起こす
⇒エネルギーが使われる
⇒枯渇して、無気力になる
⇒少しずつエネルギーが溜まる
⇒行動を起こす

のエンドレス状態になります。

 

「我慢強く接すれば、毒親は治る」
「親に優しく接すれば、毒親も治るはず」
と思って行動していても無駄です。

ゴールの方向が定まらないと、
いつまでも泥沼にハマり続けます。

毒親は、一生、毒親のままです。

他人がどれだけ指摘しようが、
子供がどれだけ優しく接しようが、
毒親は、毒親のまま生涯を終える生き物です。

 

僕自身、いろいろな方法で
親を変化させようとも思いましたし、
自分自身を変化させようと試みてきました。

でも、無理でした。

エネルギーもたくさん使いましたし、
慢性的な無気力になったこともあります。

 

できるだけ準備をしっかりして、
できるだけ早く毒親から抜け出せると、
無駄なエネルギーを使わずにすみます。

気力が戻ってくれば、
やりたいことも少しずつ増えてきますし、
行動力も少しずつ増していくと思います。

自分自身をケアすることも、
まず気力が必要だと思います。

毒親からは、
抜け出すことをおすすめします。