毒親育ちの方は、
いろいろな面でストレスを受けると思います。

毒親と生活すること自体ストレスですし、
毒親に反発することもストレスを感じます。

毒親から抜け出すときも
罪悪感を感じてしまうようになり、
極度にストレスを感じることもあります。

「親の言うことを聞かなければ」という
間違った考えが刷り込まれてしまっているので、
そこから抜け出すにはかなりのエネルギーが必要になります。

 

エネルギーが枯渇してくると、
極度に疲れを感じるようになります。

何をやっても面白くなくなったり、
人生が無意味に感じるようにもなります。

「疲れた」と思っている時点で、
かなりエネルギーが下がっている状態です。

 

毒親は、この瞬間を狙っています。

あなたが疲れて困って、
どうしようもなくなった状態を
毒親は常に狙い続けています。

エネルギー切れになって
疲れて困っていれば、
子供をコントロールしやすくなります。

疲れているときに、
ほんの少し優しくしてきたり、
涙を流して謝罪してくることもありますが、
すべてウソの行動ですので注意してくださいね。

 

毒親は、すべて「自分自身のため」に動いているので、
子供を金づるのように思っていたり、
親自身のおもちゃ・ロボットのように感じています。

一人の人格として子供を見ているのではなく、
親の所有物として子供をコントロールしています。

疲れ果てている子供に優しくして、
自然とコントロールすることは
毒親からしたら簡単な行動になります。

 

僕自身、子供の頃に
死にたいと思ったことも多かったですし、
他の親だったらなと思ったことも多くありました。

子供の頃にエネルギー切れになって、
子供の頃に「人生=無意味」と感じていました。

子供の頃に気づけたから良かったですが、
大人になるまで「親の異常さ」に気づかなかったら、
きっと毒親から抜け出すことは難しかったかもしれません。

 

毒親に反発しようとすればするほど、
エネルギーはどんどん下がっていきます。

毒親のことを考えれば考える程、
エネルギーは枯渇しやすくなります。

エネルギーが切れてしまえば、
毒親の思う壺ですので、
さっさと毒親から抜け出したほうが良いです。

 

親にばれないように準備をはじめて、
できるだけすばやく親から抜け出して、
その後、傷ついた心をケアしていく必要があります。

心を整えてゼロに戻したうえで、
自分のやりたいことを少しずつ
はじめてみると良いかもしれませんね。

さっさと毒親から抜け出すこと、
毒親から抜け出して普通の生活をすること、
これこそが毒親にとって最高の制裁になります。

 

見捨てることに、
何の感情も持ってはいけません。

毒親から植え付けられた常識は、
ほぼ間違っている可能性が高いので、
そんな感情だったらさっさと捨てたほうが良いですよ。